大好きなフレーズ

私には、大好きな歌のフレーズがある。

それは、eastern youth の 「矯正視力〇・六」の冒頭。

何回だってやり直す

悲しみなんて川に捨てるんだ

本当は内ポケットにしまったままだ。

仕様が無いから連れて歩く。

「矯正視力〇・六」eastern youth

本来歌詞に対して、なぜ好きなのか説明するのは野暮なのかもしれない。

しかし、自分がなぜ好きなのか言語化しておきたい。

まず、誰しも「悲しみ」は捨て去りたいと願っている。

しかしながらその「悲しみ」は、捨てられない。

捨てても戻ってくるのか、それとも捨てようとしても捨てられないのか。

その何とも言えない「悲しみ」を内ポケットにしまったまま(心に持ったまま)、しょうがねえから一緒に連れて歩くという。

「悲しみ」という(最初は)嫌であったであろう感情を、なんだかんだ言いつつ大事に持ったまま連れて歩く。

感情という心象なのに、大事にしまって一緒に歩く。

この歌詞を聞いた時、情景を思い浮かべ、考え、理解し、自分の過去を振り返り、共感、納得したのである。

なかなか曲を聴いてその歌詞を考えることはないが、eastern youthは考えてしまうのである。

この記事をSNSでシェア

Newsletter Updates

Enter your email address below and subscribe to our newsletter

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA